×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Windows8タブレット比較

使えるWindows8タブレットはどれ?

Windows8 タブレット

2010年のiPadの登場以来、持ち運びの便利なタブレットは、パソコンに代わる新しいネットツールとして浸透してきました。

現在では、iPadやAndoridタブレットなど種類も増えてきていますが、ここに来てWindows8タブレットが注目を浴びてきています。

ここでは、そんなWindows8タブレットの魅力について、ご紹介しています。


【Windows8タブレットの魅力】

Windowsパソコンとの連携に強い

 自宅や会社でお使いのパソコンのOSがWindowsなら、データやファイルの受け渡しもカンタンに行うことができます。

 またそのパソコンがWindows8以降のマシーンなら、パソコン、タブレット共に同じUIなので操作性でも使い易くなります。

Office2013が付属している

 Windowsタブレットには、Office2013が付属しているモデルが多く、仕事やプライベートでExcel、Wordなどを使う機会が多い人にオススメです。

4万円台から購入ができる

 2013年冬モデルとして登場した8型モデルなら、4万円台から製品が揃っていて、iPadと比べリーズナブルです。

持ち運びが便利

 パソコンと同じことが、片手で持てるタブレットで出来るので、ネット環境さえ揃えば、外出先でも使えます。


レノボ・ジャパン2013年8型タブレット

約350gの世界最軽量モデル


【Windows8タブレット選びのポイント】

OSはWindows8.1を選ぶ

 Windowsタブレットを選ぶなら、OSは機能制限のあるRTではなく、フルで使えるWindows8.1を選びましょう。

 OSがWindows8.1なら、パソコンと同じソフトをタブレット上で動かうことも可能です。

Office搭載モデルを選ぶ

 先々の利用を考えてもOffice搭載は、必須条件です。製品によりOfficeのバージョンも異なるので、ご自身の利用状況に合わせたモノをお選びください。

片手で持てるコンパクトなサイズを選ぶ

 タブレットの特性から、持ち運びがラクなモデルがオススメです。2013年冬モデルでは、各社8型モデルが充実しています。

 メインはパソコン、タブレットはサブでとお考えなら、なおコンパクトサイズの8型タブレットがオススメです。

長時間使えて、ストレスを感じないモデルを選ぶ

 バッテリー動作時間は、10時間が目安。メモリーは2GB以上のモデルを選びましょう。


下記のメニューにおすすめの8型Windowsタブレットを掲載していますので、参考にしてみてください。


おすすめはこちら!
↓↓↓↓↓↓

安心・直販・カスタマイズ対応!ThinkPadのレノボ・ジャパン