×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東芝8型Windowsタブレット「dynabook Tab VT484」

東芝8型Windowsタブレット「dynabook Tab VT484」

東芝の8型液晶のWindows8.1タブレット「dynabook Tab VT484」をご紹介します。


国産大手メーカーでは初となる

8型Windows 8.1タブレットが「dynabook Tab VT484」

スペック的には、必要なものはすべて揃っており、

同クラスの中でも高性能なタブレット。

GPSも搭載されており、外出時での地図利用にも便利。

背面のカメラは、800万画素と同クラストップの性能。

Micro HDMIやステレオスピーカーも搭載されており、

東芝らしいこだわりが伺える。

また液晶テレビのREGZAやPCとの連携も強化されていて、

他社製品との差別化を感じる。

同クラスの製品が4万円台なのに比べ、

5万円を超える価格でコストパフォーマンスが、

低い印象を受けるが、プリインストールの

アプリが充実していたり、今なら

「Skype」のかけ放題プランが

1か月分付いていたりするので、

トータルでは他製品と遜色ないお得感がある。


【dynabook Tab VT484 仕様】

OS:32ビット版Windows 8.1

CPU(コア/スレッド):Atom Z3740(4/4)

CPU動作周波数:1.33GHz/最大1.86GHz

GPU:HD Graphics

メモリ:2Gバイト(LPDDR3)

ストレージ:64Gバイト

バッテリー動作時間:約11時間

ディスプレイ解像度(ppi):1280×800ドット(約188ppi)

画面サイズ(アスペクト比):8型ワイド(16:10)

タッチパネル:静電容量式

ペン入力:-

無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n

Bluetooth:Bluetooth 4.0

GPS:搭載

インカメラ:200万画素

アウトカメラ:800万画素

USB:Micro USB 2.0

HDMI出力:Micro HDMI

オーディオ入出力:ヘッドフォン(3.5ミリ)、ステレオスピーカー、マイク

メモリカードスロット:microSDメモリーカードスロット

SIMカードスロット:-

カラーバリエーション:ライトゴールド

Office 2013:Personal、Home and Business

幅(縦位置):135.9ミリ

高さ(縦位置):213ミリ

厚さ(縦位置):10.7ミリ

重量(実測値):約445グラム


東芝の8型Windowsタブレット「dynabook Tab VT484」は、2013年11月22日より発売された2013年冬モデルの最新Windowsタブレットです。

タブレット製品が乱立してきている昨今では、タブレットを快適に使えるのが「dynabook Tab VT484」の魅力となっています。

東芝 dynabook Tab VT484/26K

Windows8タブレット比較TOPへ戻る